PTA パパが参加するとメリットがたくさんあります

パパがPTAになると、家族も喜ぶ!

私は昨年度から、娘の小学校のPTA本部副会長をやっています。

毎年4月になると、学校ではPTAの選出のためと言ってもいい保護者会が行われます。
PTAのイメージ、全国的に悪い学校がほとんどだと思います。

今、日本では子育て家庭のうち、3分の2が共稼ぎ家庭となっています。
1990年代から増加の一途をたどり、未だ増え続けています。
雇用の不安定化、低賃金化、教育費の増大化により、夫婦ともに稼ぐというのがもはや当たり前です。
そのうえで、我が子との時間を充実させたいというパパママが増えているのも事実です。

そういった状況で、PTAを引き受けるとなると、仕事や我が子や家族との時間を削り、犠牲になってしまうと感じるのは当然と言えば当然の話です。
その上、本当に必要な活動なのか、疑問を持たざるを得ない活動をしていることも事実です。

となれば、PTAは引き受けたくないと思う人が増えるのも当たり前の話です。

ただ、私自身パパとして、PTAをやっていて良かったと思うことも多々あることも事実です。
まず、学校の先生と仲良くなれる、また、他の保護者と仲良くなれるという点。
我が子の状況を担任の先生に気軽に聞くことができる、PTAの用事で学校へ行った際には我が子の様子を垣間見ることもできます。
もちろん、我が子だけではなく、その友達の様子、友達との関係性まで見ることができます。

そして、学校の様子がわかるので、自然と我が子との間で、学校の話題をより多く楽しむことができます。

特に、小学校低学年のうちは、学校にパパが来てくれることは、子どもからすると特別なことで嬉しいことです。
そして、ママからすると、PTAの委員をパパが引き受けることによって、ママはPTAから解放されます。
となれば、ママのイライラの種も減るはずです。

さらに言うと、パパの場合、仕事でPTAの作業などに参加できないとなっても許される雰囲気がある場合も多いです。
同じようにフルタイムで働いているママの場合は、仕事休んででも、無理してでも行かなければとなりがち。

しかも、ママの場合、働いているからってPTAの仕事をしないのはどういうこと?とか、仕事しているのが偉いっていうの?とか、PTA専業主婦からの攻撃の的になります。
反対に、パパの場合、仕事で休むと言っても許され、しかも、パパなのにPTAやるなんて凄いと、ママ達から思われる雰囲気がいまだに残っている地域が多いと思います。

子どもも喜び、ママのイライラも減り、他のママたちからは褒められる、こんないい状況のPTA、パパがやったほうが絶対にいいとは思いませんか?

PTAが嫌わていることを根本的に解決するためにはパパの力が必要

とはいっても、PTAは負担でしかないと思う方も多いでしょう。
じゃあ、なぜ、負担なのか?

平日に集まりがある、学校行事のお手伝いや、講演の出席とか、やらなければならない作業がたくさんあるとか、色々とあると思いますが、ほとんどの問題は、「自分の時間を取られてしまうこと」が嫌だということだと思います。

子どもたちのためということでPTA活動がなされていることが多いですが、直接的に子どもたちのためと言えないような活動が多いのも事実で、そのほとんどが、前年踏襲を続けてきた結果、膨大な作業量が残っているということも少なくありません。
また、専業主婦の方々が気づいてきた文化の一つでもあるので、仕事脳だけだと、あまりに無駄があり過ぎてイライラするのも事実だと思います。

それを、変えていこうとしたとき、ママ同士だと対立構造になってしまうことが多いと思います。
対立してしまうと、何も進まない、変わっていかないものです。

その時に、パパがいると、違うということ。

ママ同士だと、どうしても話が脱線して長くなってしまい、結論が出ないまま時間だけが過ぎていくという状況になりがち。
それを、ある程度の所で、割って入り、軌道修正して、議論を結論に向かわせていくことが必要になってきます。

その役割をパパが担うことで、スムーズに議論を進めていける可能性が高いのです。
そして、その役割をパパが担うことで、パパ自身のコミュニケーション能力が飛躍的に上がるはずです。
会社と違い、あらゆる考え方をした多種多様なママパパ達の集団ですから、スキルアップにはもってこい。
パパのPTA経験者のほとんどが、仕事力もアップしたという話をしているのも納得します。

PTAは、我が子が小学校にいる間のみという期間限定の楽しみでもあります。
嫌々やっていたら、楽しくならないというのは、何をやっていてもい一緒。
PTA楽しく仲良くやろうと思えば、出来るのも、その反面の事実だったりもします。

もちろん、PTA側もクローズしていてはダメで、より活動内容をオープンにして、情報発信をして、やりたい人を増やしていく努力は続けなくてはなりません。
PTAの活動内容をより多く発信することで、やりたいと思う人の数は増えてくるはず。

私自身、引き続き楽しみながら、より良いPTA活動に変えていくため頑張っていきます。

松戸市のパパ講座で講師をしてきました

赤ちゃんのために知っておきたいパパの心得 パパだからできること

2017年10月22日の日曜日、松戸市民会館でパパ講座の講師をしてきました。
台風が迫る雨の中、赤ちゃんを抱っこしたパパ、ご夫婦で参加される方、多くの方が来てくれました。
松戸パパ講座
パパが伝える絵本の楽しみ方、イキメンのススメ。
という講座内容にもかかわらず、絵本を読まなかったという、ちょっと変わった講座です。

それにしても、第一回は、御茶ノ水女子大学の石井教授で、第二回が私という非常に恐縮な感じ。
それでも、第一回同様に、集まってくれた方々に、本当に感謝。

パパ講座
講座では出来る限り、参加者さん同士で話ができるようワークを多数入れ、仲良くなってもらうことを意識しました。
パパ同士色々と話してもらって、和やかな雰囲気で講座を進めることができました。

講座の後、ランチをしながらの懇親会でも、参加者さんとも色々な話をして、私にとっても楽しい時間になりました。

後日、アンケート結果をいただきましたが、それも嬉しかったな~

参加したパパさんたちから、こんなコメントをいただきました。

・絵本と父親、母親の関わり、相違点が研究データで示してくれて分かり易かった。(30代男性)
・子どもにとってのふる里は良い環境を作る、という視点は自分として新鮮で、地域活動を通してできることをしてみようとという気持ちになりました。楽しい講座をありがとうございました。(30代男性)
・やはり自分から関わろうとすることが一番大事だと思います。(30代男性)
・地域活動について考える切っ掛けとなりました。(30代男性)
・先生は楽しそうです。考えが素敵です。(40代男性)
・今、動かないと先の事に繋がらないということ。子どもにとっては、今、松戸がふる里になること。(30代男性)

ママさんからも嬉しい言葉をいただきました。

・第一回目の時もそうですが、先生がパワフルで力を貰った感じがします。先生の絵本の読み聞かせの様子も時間があれば聴きたかったです。(40代女性)
・夫婦2人の会話を増やしたいと思いました。(30代女性)

そして、全3回の講座が終わり、参加したパパ達で一緒に活動していく団体を作ろうという話になったということで、嬉しいことばかり。
講師を引き受けてよかったと思うとともに、これからが、さらに楽しみになりました^^

葛飾区最大の育児イベント 子ども子育てフェスタかつしか2017に参加

2017年9月24日 第3回子ども子育てフェスタ2017を楽しんできました

かつパパとして、子ども子育てフェスタかつしか2017に参加してきました。
これまで同様、大いに盛り上がり、推定来場者数は2500人以上にも上りました。

私は代表委員で3階の責任者だったため、あちこちをウロチョロしながら楽しんできました。
基本は3階の円形ホールのよちよち広場で、赤ちゃんたちと遊んだり、パパママたちと話したり。

見ているイメージとして、これまでよりも、パパと子どもだけっていうパターンも増えてきたなと、まず思いました。
それも、嫌々じゃなく、楽しんでいる感じで、とってもいいな~と思いましたよ。

うちの娘たちも10時過ぎに来て、帰ったのはイベントが終わった16時。
途中、お昼ご飯を食べたものの、ずっと楽しく遊んでいた模様。
わが子はもちろん、来場した子どもたちから「次はいつやるの?」「また来たい!」
と、多くの声を聴いて、やって良かったな~思いました。
おもちゃの広場

絵本とバルーンも当然やりましたよ。
たくさんの子どもたちと、パパママたちと楽しめたので、とっても嬉しかったです。

男の100年ライフ 第2弾フォーラムにパネラーで登壇します!

パパたちのライフシフト?転職・副(複)業・起業・主夫・育休・移住etc 家族の幸せは自分でデザインする!

2017年7月26日に行われる、男の100年ライフ第二弾フォーラムに、パネラーとして登壇します。
家族の幸せは自分でデザインする! この副題がついていますが、まさに、私はそう思ってライフシフトして、今の主夫になっているわけです。

2度目の結婚をして、不安定な派遣社員で働いていた時に長女が生まれました。
その当時は、残業もほとんどなく、土日祝日も休みという条件で働いていたので、毎日のように産休、育休を取っている妻の育児家事のお手伝いが出来る環境でした。
ただ、常に、今のままじゃ、今以上に家族を幸せにすることはできないという想いを胸に秘めていました。
妻が会社に復帰して、保育園の送りは常に私が行くようになり生活のリズムが出来上がりつつあったときに派遣社員のまま本社に配属替えになり、業務は一気に過剰になり、終電ぎりぎりまで残業や、加えて休日出勤まで追加される。

契約更新するたびに、悪い条件を提示され、それを呑まなければ契約更新はしないと言い渡されるが、出来る限り早く帰れるよう、任された仕事は効率化を図り早く帰れるように努めるようになる。

しかし、いくら任された仕事を終わらせても、だらだらと仕事をしている正社員の仕事を回され、結局毎日終電まで残業をし、加えて休日出勤も増える一方。
小さな娘の成長を見ることができない、家族を今以上に幸せすることも難しい、仕事はやってもやっても、出来ない奴の仕事を回され、上司に掛け合っても状況はよくならず、精神的にもきつくなってきた時期に、東日本大震災が起き、決心がつく。

家族を今以上の幸せを作っていき、しかも、守るためには、今のままでは不可能だと。

38歳、ここで、会社を辞めて、ライフシフト。
共働きだったので、妻の収入だけでも日々の生活は最悪回る。
1年間、自分自身で稼ぐことが出来るようにならなければ、別の派遣社員に戻ればいいだけだ。
妻とも話し合い、必死に、試行錯誤していった結果、1年後には月に十数万円稼げるようになり、そこからは、上下しながらも、派遣社員で働いていた頃よりも、時間的余裕を持ちながら、収入も上回るようになった。

家中心で働いていた関係上、自然と家事も育児もやるようになり、今ではすっかり兼業主夫を楽しんでいる。
妻は、時短勤務をしながら、今も正社員で働き、時間的余裕をもって、育児も家事もこなしつつ、趣味のゴスペルも続けている。

そして、葛飾区亀有での地域活動も、子どもたちとともに楽しんでいる、今がある。

すべては、ライフシフトを決断したおかげだ。

そんなことを、話して来ようと思う。
フォーラムは満席で今から申し込みはできませんが、facebookにて動画配信をするそうです。
お楽しみに。

イベントの詳細は、ここから、ご覧ください。
パパたちのライフシフト?転職・副(複)業・起業・主夫・育休・移住etc 家族の幸せは自分でデザインする!

イベント当日のしゃべった内容が、ログミーというサイトで公開されました。
営業マン→フリーター→ブラック企業 投げやりだった男が家族を得て悟った、幸せのかたち

主夫の子育て家事講座 西東京市住吉会館ルピナスで行われました。

男と女、違う?違わない? 主夫の子育て家事講座に主夫の友メンバーで登壇してきました。

私は秘密結社主夫の友のメンバーで、西東京市の子育て講座に登壇してきました。
ご夫婦で参加されている方、年配の方、大学生の方、様々な方の前で、夫婦のパートナーシップから始まり、主夫の普段の生活をお話してきました。

主夫と言っても、さまざま。
専業主婦もいれば、兼業主夫もいる。
決まった時間だけ主夫の人もいるし、サラリーマンの主夫もいる。
主夫の友

講座の中で、私以外の主夫の話を聞いていたら、主夫と言っても、ひとくくりにはできないんだなということが良くわかりました。
家族のカタチは、それぞれ違う。
だからこそ、家族で一番心地のいい関係をライフステージにしたがって、作っていくことが必要だし、何よりも大切なんだなと改めて思いました。

もちろん、私の普段のライフスタイルも話しました。
私は他の方々に比べたら、だいぶ、緩いな~と。
うちは、ダブル兼業シュフなので、どちらかが調子悪くても日常は変わりなく続くし、妻に任せることもできる。
それは、妻から見ても、同じだと思う。

主夫だから、絶対に家事も育児もやらないとっていうプレッシャーもない。
その分、子どもたちに、優しくなれるし、他のことにも余裕をもって臨めるのだと思う。

やはり、固定概念というか、当たり前っていう言葉の魔術かな?
ありもしないことを、あると思ってしまい、変わることもないと思い込んでしまう。
その意識さえなくなれば、今よりも、みんな自由に、楽しく生きていけるんじゃないかなって思う。

それにしても、住吉会館ルピナスは、駅から遠かった。
道路の両側広い畑を歩いているときは道を間違えたんじゃないかって本気で思いましたからね(笑)
住吉会館ルピナス

ショップジャパン主催の娘のためのパパ家事スクールに参加してきました

ショップジャパン×主夫の友 娘のためのパパ家事スクール

2017年6月9日の金曜日、虎の門ヒルズにあるショップジャパンにて行われた「娘のためのパパ家事スクール」に参加してきました。
私が所属する「秘密結社 主夫の友」の企画でもあります。

娘がいるパパばかり、20人くらいが集まり、取材陣もたくさん来られていました。
タレントのユージさんも参加し、同じテーブルで、家事や育児の話をしながら受講しました。

1時間目は、娘のヘアメイク。
普段から、さっと結んではいますが、正式に習ったことはありませんでした。
パパ美容師の先生から、ポニーテールのやり方、ゴールデンポイントを教えていただき、生首相手に実践。
髪がばさばさで非常にずらかったですが、ゴールデンポイントを意識してポニーテールを完成させました。

三つ編みも、習いたかったけど、また今度。

2時間目は、トイレ掃除。
主婦が一番嫌な家事がトイレ掃除だそうです。
ライオンの方が先生になり、どれだけトイレが汚れやすく、においが付きやすいのか、データの裏付けもあり、非常にわかりやすく、こまめな掃除が必要なことがわかりました。
これも、すぐに実践できるのでやっていきたいと思います。

3時間目は、ショップジャパンで販売しているミシン「ヌエッタ」を使ってのスカート作り。
まっすぐ2本縫うだけでしたが、ほぼ初体験といってもいいミシンでしたが、簡単に完成しました。

ヌエッタは、コードレスだし、機能が絞られているので使いやすく、コンパクトで収納も便利。
今回はお姉ちゃんの、スカートを作りましたが、オチビもほしいと言っているので、もう一つを近いうちに作らないと。

ということで、作ったスカートはユージさんとのツーショット写真が記事になったので、こちらを見てください。
ユージ

娘のためのパパ家事スクールが終わった後は、恒例の放課後飲み会。
ショップジャパン、ライオンのスタッフの方々も参加してくれて、楽しく過ごせました。

これからも、楽しい企画があれば、出来る限り参加したいな~

「オレンジリボンフォーラムinあだち」で絵本ライブ

オレンジリボンフォーラム 児童虐待防止活動のフォーラムにて絵本ライブをしてきました

2017年6月3日、足立区西新井にあるギャラクシティ、西新井文化ホールにて「オレンジリボンフォーラムinあだち」が開催されました。
来場者は約1700名だったとのことで大盛況。

私は、絵本ライブの時間以外は、ファザーリングジャパンとタイガーマスク基金のブースで、かつパパメンバーと一緒にバルーンアートを作り続けていました。娘たちも色々と手伝ってくれました。
オレンジリボンフォーラム

絵本ライブは、舞台の上から見ていた感じだと、ホールの真ん中より前の方は親子連れで結構ぎっしり。
1000名以上入るホールなので、親子500名くらいは入っていたんじゃないかと。

当然、舞台から絵本を読むのは初めてだし、これだけの大人数の前で読むのも初めて、絵本をプロジェクターで投影して読むのも初めて。初めてづくしでしたが、意外と緊張せずに舞台に立てました。むしろ楽しい!
かつパパメンバー4名で舞台に上がり、代わる代わる絵本を読みました。
オレンジリボンフォーラム

当然、絵本だけだと、子どもたちも飽きてしまうので、手遊びもしましたよ~
定番の、ひげじいさん。
東京未来大学の学生さんにも協力いただき、客席にて一緒に手遊びしてもらいました。
オレンジリボンフォーラム

持ち時間25分、あっという間で、用意していた絵本を読み切れませんでした。
客席のパパママ、そして、子どもたちも楽しんでいただけたようで、良かった~

舞台の上で絵本を読む、とっても楽しめました。

絵本ライブの後は、すぐにブースに戻り、バルーン。
大量の予約が入っていて、そこからはフォーラムが終わるまで、ひたすらバルーンをひねりまくっていました。
右手の人差し指の皮が剝けてしまい、最後は痛かったですが、子どもたちの笑顔で、どうにかやりきりました。

オレンジリボンフォーラムに来場いただいた、パパママ子どもたちに楽しんでいただけて、さらには、私の娘たち、妻も途中から来てくれて楽しんで、家族でとっても楽しい一日になりました。

スケジュールさえ合えば、積極的にイベントに出演していこうと思います。
オレンジリボンフォーラム

「第3回 子ども子育てフェスタかつしか2017」が始動しました。

子ども子育てフェスタかつしか2017は2017年9月24日の日曜日に決まりました

一昨年、昨年と大好評で大盛況だった、子ども子育てフェスタ2017の開催が決定しました。
2017年9月24日の日曜日、健康プラザかつしかで開催します。

前回は、実行委員長という大役でしたが、今回は色々なことが重なりスケジュールが超タイトになっているので、実行委員長ではなく、代表委員ということで、他の方々と一緒に中心になって動くことになりました。

葛飾区側との調整、交渉、会場配置等の決定、参加団体との折衝など、あらゆる方々、団体との建設的コミュニケーションを通して、より良いイベントになればということで、今年も楽しみながら精一杯、出来る限りのことをやっていきたいと思います。

今回は、パパのおはなし会とバルーンアートを一緒に作ろうで参加予定

前々回、前回と、バルーンアートを一緒に作ろうで参加しましたが、今回は、おはなし会も加え、2本立てて楽しむつもりです。
かつパパメンバーも、パパ達に加え、英語学童に勤めている理科大の学生さんも引き込み、より楽しめる要素を加えていきたいと思っています。

かつパパは、現役パパはもちろん、未来のパパも、葛飾区周辺でパパ友を作りたいパパも、一緒に楽しんでいきたいと思っています。

子ども子育てフェスタ2017については、また、話が進んだら、書いていきます。
今から、2017年9月24日の日曜日は、予定を開けておいてくださいね。

港区パパ寺子屋 パパが地域デビューをするためには? イキメンのススメ

パパが地域活動を楽しむと、子どもたちも、ママもハッピー

2017年3月17日の金曜日 港区のパパ寺子屋の1講座「イキメンのススメ」の講師をしてきました。
テーマが小さい子供の育児より発展形なので、参加したパパは少なかったものの、参加者全員が懇親会まで来てくれて、地域活動すごく楽しそうなので、やっていきたいとの言葉を全員からもらえたので、それが何よりもよかったです。
kouza

どんな内容を話したかっていうと、私自身がこれまで活動してきている話をそのまま伝えました。
地域活動は、とにかく楽しい!!

今回、講座をするに当たり、私自身、どんな地域活動をしてきたのかなと整理したら、思っていたより色々なことをやっていることに気づきました。

ざっと、こんな感じです。

2012年~ 娘が通う保育園の運動会・餅つき手伝い
       保育園の職員の方々の運動会の打ち上げに参加

2014年~ 保育園のパパ会を継続的に開催しイベント企画

2014年~2016年
      葛飾区男女平等推進審議会区民委員 父子手帳の提案を採用

2015年 第1回 子ども子育てフェスタかつしかに参加
      小学校の図書ボランティア・PTA学年委員
      子ども会に参加、自治会青年部に参加 

2016年 第2回 子ども子育てフェスタの実行委員長
      かつしかパパ育児コミュニティ「かつパパ」代表
      小学校おやじの会に参加、PTAソフトボールに参加

2017年4月~ かつしか子ども子育て会議区民委員
         かつしか父子手帳作成委員 
         小学校PTA本部副会長 

これだけやってきましたが、忙しいとか、大変とか思うよりも、楽しいとしか思ったことないんですよね~
なぜかっていうと、やりたくてやっているから。

地域活動って、義務感でやっても、つまらないと思います。
どうせやるなら、積極的に参加していくこと。
言いたいことは、しっかりと伝えていくこと。

地域活動だけではなく、育児も、仕事も、義務感だけでやっていると、つまらないし、何も生まない。
すべてが、外部からのストレスになってしまい、いいことありません。

どうせ、ストレスを感じるなら、外部からもたらされるのではなく、自身で内部ストレスを作りだし、自身の元気の原動力にしていくほうが心身ともに健康でいられるし、得るものは計り知れないくらい大きいですよ。

今、住んでいる街は、親にとってはなんとなく住んでいる街かもしれない。
ただ、子どもにとっては、生まれた街、今まさに育っている街であり、子どもにとっては、故郷になります。
その故郷の街、地域を、より安全で、より楽しい場所にしていくのは、親の役割の一つでもあります。

子どもが小さいときは、地域の人たちにも、受け入れてもらいやすいのも確かです。

子どもたちにとってのふるさとを、より良い街、より楽しい、より安全な街、地域にしていけるかどうかは、親の行動にかかっているわけです。
義務感からではなく、子どもという最高の地域へのパスポートを生かして、パパも、もちろんママも、地域活動を積極的に楽しんでいけたら、今まで以上に楽しく、幸せな人生に近づくことは間違いありません。

親となった以上、地域活動を、積極的に楽しんでいきましょう。

葛飾区子ども子育て会議の区民委員になりました。

子ども子育て会議とは?

葛飾区子ども子育て会議の区民委員を平成29年度から2年間やらせていただきます。

そもそも、子ども子育て会議とは?
2012年に成立した「子ども・子育て支援法」に基づき、各自治体で設置することになりました。

内閣府のHPでは以下のように解説されています。
「有識者、地方公共団体、事業主代表・労働者代表、子育て当事者、子育て支援当事者等(子ども・子育て支援に関する事業に従事する者)が、子育て支援の政策プロセスなどに参画・関与することができる仕組みとして、国に子ども・子育て会議を設置しました。」

色々な価値観を持つ人たちが集まり、子育て支援の政策プロセスについて、あれこれ意見を出し合って、より良いものにしていこうということかな。

その中で私は、子育て中のパパとして「子育て当事者」の立場で、葛飾区子ども子育て会議の委員を務めさせていただくわけです。
基本的には、各自治体でそれぞれ設置されていて、各自治体における子ども子育て支援に関する政策について議論する場です。

葛飾区の子ども子育て会議は、どのようなことが議論されているのか?

私自身、来年度からということで、まだ参加したことはありませんが、現在、子ども子育て会議の委員をしている方からのお話では、待機児童問題、待機児童解消の議論が中心になっているとのこと。

子ども子育て会議ですから、本来であれば、子どもたちの育つ環境を自治体としてどのように、より良いものに整えていくのかということを、あらゆる角度から検討していくことが筋だと思いますが、残念ながら、現状ではそうはなっていないとのこと。

ということで、私自身、育児家事を父親が主体的に担うことで、子どもたちの育ちの環境が今よりも充実してくること、母親の抱える子育ての負担を軽くするために、もちろん自治体や子育て支援団体からの助けも必要な部分はあるが、まずは家族としての助け合い支え合いながら生きるという基本に立ちかえることの重要性、そして、なにより、子どもたちの育ちを邪魔しない家族環境、学校教育、地域での教育というあらゆる面からのフォローと見守りの重要性を、問題提起し、問題共有し、議論を発展させていきたいと思っています。

待機児童問題は、そういった中の一つの議題ではあるけれど、そればかりが話の中心になってしまう会議の趣旨ではないはず。
保育所の環境整備以前に、親の働き方、家族内での意識共有ができていない、地域との連携ができていない、などなど、根本的な価値観の変革を喚起していかない限り、解決から遠ざかっていくことを、しっかりと問題提起していきたいと思っています。

さて、どんどん学び、どんどんアウトプットしていくぞ~

ちなみに、過去の葛飾区子ども子育て会議の議事録に関しては、葛飾区の公式ホームページより確認いただけます。
これまでの葛飾区子ども子育て会議の議事録等の資料はこちらをクリック