葛飾区上千葉砂原公園でピクニックとミニ四駆大会

上千葉砂原公園 親子でピクニック

長女がさくら学園保育所を卒園した時、同じクラスだった保護者同士で、今も仲良く集まって遊んでいます。
引っ越した子、学校が別になった子も、今でも仲良く集まっています。

子どもたちだけではなく、ママ同士はもちろん、パパ同士も仲良し。
平日の夜、パパで集まってお酒を飲みながら企画を考えたりするパパ会も開催しているくらいです^^

ということで、ゴールデンウィークの晴れの日に上千葉砂原公園で集まって、みんなでお昼ご飯を食べようということで、親子ピクニックと題して、昨年に続いて直前に声をかけて、親子合わせて30名くらい集まりました。

葛飾区立上千葉砂原公園は、普段からよく遊んでいる広~い公園。
ミニ動物園、ポニーの乗馬、子供用の貸自転車など、幼児~小学生まで無料で楽しめる公園です。
上千葉砂原公園
子どもたちは、勝手にあちこちで遊んでいますが、パパもママもたくさんいるので、広い公園のどこに子供たちが行こうと、誰かしら親が見守っていられます。
上千葉砂原公園

なので、ママもパパも情報交換しながら、安心して楽しむことができます。
子どもたちも、誰のパパだろうがママだろうが、気軽に話をして安心している関係になっています。

パパ達が始めた、ミニ四駆大会

ミニ四駆、懐かしいと思うパパ達もいるでしょう。
今年のはじめのパパ会で、みんなで楽しめることはないかっていう話になった時、
ミニ四駆なんてどう?と30代のパパが言い出したのがきっかけで、はまりました。

1980年代生まれの男性が、小学生~中学生くらいの時に大流行したのがミニ四駆。
簡単に言うと、モーターの電源を入れると、結構な速さで走るプラモデルです。

その当時、ハマっていたパパが、コースも持っているということで、
じゃあ、みんなでマシンを作って、持ち寄ってレースをしようという話になり、
いざ、マシンを買って組み立てたら、奥が深くて、パパ達がハマっていきました。

子どもたちも、自分のマシンがほしいということになり、
パパ達が、何台か作り、改造しつつ、子供たちのマシンもそろえて、
今回が、第3回目のミニ四駆大会。

私も、コースを買ったので、もともとあったコースとつないで、
大きなコースを作り、一番早いマシンを決めるトーナメント戦。
ミニ四駆コース

早いだけだと、カーブを曲がりきれずコースアウトして失格。
だからと言って、遅いと勝てない。
微妙な改造で周回していくので、いくら改造しても完成しない感じがハマったりします。

ということで、パパがつながる一つの要素としてのミニ四駆。
そこに、子供たちも加わってきて、さらには奥さんも(笑)
家族で楽しめる気軽な要素としての、ミニ四駆、結構お勧めです。

ちなみに、ミニ四駆は今回が初めての40代のパパが大会3連覇しています。
次は私も早いマシンに改造して、勝つぞ~~~