PTA パパが参加するとメリットがたくさんあります

パパがPTAになると、家族も喜ぶ!

私は昨年度から、娘の小学校のPTA本部副会長をやっています。

毎年4月になると、学校ではPTAの選出のためと言ってもいい保護者会が行われます。
PTAのイメージ、全国的に悪い学校がほとんどだと思います。

今、日本では子育て家庭のうち、3分の2が共稼ぎ家庭となっています。
1990年代から増加の一途をたどり、未だ増え続けています。
雇用の不安定化、低賃金化、教育費の増大化により、夫婦ともに稼ぐというのがもはや当たり前です。
そのうえで、我が子との時間を充実させたいというパパママが増えているのも事実です。

そういった状況で、PTAを引き受けるとなると、仕事や我が子や家族との時間を削り、犠牲になってしまうと感じるのは当然と言えば当然の話です。
その上、本当に必要な活動なのか、疑問を持たざるを得ない活動をしていることも事実です。

となれば、PTAは引き受けたくないと思う人が増えるのも当たり前の話です。

ただ、私自身パパとして、PTAをやっていて良かったと思うことも多々あることも事実です。
まず、学校の先生と仲良くなれる、また、他の保護者と仲良くなれるという点。
我が子の状況を担任の先生に気軽に聞くことができる、PTAの用事で学校へ行った際には我が子の様子を垣間見ることもできます。
もちろん、我が子だけではなく、その友達の様子、友達との関係性まで見ることができます。

そして、学校の様子がわかるので、自然と我が子との間で、学校の話題をより多く楽しむことができます。

特に、小学校低学年のうちは、学校にパパが来てくれることは、子どもからすると特別なことで嬉しいことです。
そして、ママからすると、PTAの委員をパパが引き受けることによって、ママはPTAから解放されます。
となれば、ママのイライラの種も減るはずです。

さらに言うと、パパの場合、仕事でPTAの作業などに参加できないとなっても許される雰囲気がある場合も多いです。
同じようにフルタイムで働いているママの場合は、仕事休んででも、無理してでも行かなければとなりがち。

しかも、ママの場合、働いているからってPTAの仕事をしないのはどういうこと?とか、仕事しているのが偉いっていうの?とか、PTA専業主婦からの攻撃の的になります。
反対に、パパの場合、仕事で休むと言っても許され、しかも、パパなのにPTAやるなんて凄いと、ママ達から思われる雰囲気がいまだに残っている地域が多いと思います。

子どもも喜び、ママのイライラも減り、他のママたちからは褒められる、こんないい状況のPTA、パパがやったほうが絶対にいいとは思いませんか?

PTAが嫌わていることを根本的に解決するためにはパパの力が必要

とはいっても、PTAは負担でしかないと思う方も多いでしょう。
じゃあ、なぜ、負担なのか?

平日に集まりがある、学校行事のお手伝いや、講演の出席とか、やらなければならない作業がたくさんあるとか、色々とあると思いますが、ほとんどの問題は、「自分の時間を取られてしまうこと」が嫌だということだと思います。

子どもたちのためということでPTA活動がなされていることが多いですが、直接的に子どもたちのためと言えないような活動が多いのも事実で、そのほとんどが、前年踏襲を続けてきた結果、膨大な作業量が残っているということも少なくありません。
また、専業主婦の方々が気づいてきた文化の一つでもあるので、仕事脳だけだと、あまりに無駄があり過ぎてイライラするのも事実だと思います。

それを、変えていこうとしたとき、ママ同士だと対立構造になってしまうことが多いと思います。
対立してしまうと、何も進まない、変わっていかないものです。

その時に、パパがいると、違うということ。

ママ同士だと、どうしても話が脱線して長くなってしまい、結論が出ないまま時間だけが過ぎていくという状況になりがち。
それを、ある程度の所で、割って入り、軌道修正して、議論を結論に向かわせていくことが必要になってきます。

その役割をパパが担うことで、スムーズに議論を進めていける可能性が高いのです。
そして、その役割をパパが担うことで、パパ自身のコミュニケーション能力が飛躍的に上がるはずです。
会社と違い、あらゆる考え方をした多種多様なママパパ達の集団ですから、スキルアップにはもってこい。
パパのPTA経験者のほとんどが、仕事力もアップしたという話をしているのも納得します。

PTAは、我が子が小学校にいる間のみという期間限定の楽しみでもあります。
嫌々やっていたら、楽しくならないというのは、何をやっていてもい一緒。
PTA楽しく仲良くやろうと思えば、出来るのも、その反面の事実だったりもします。

もちろん、PTA側もクローズしていてはダメで、より活動内容をオープンにして、情報発信をして、やりたい人を増やしていく努力は続けなくてはなりません。
PTAの活動内容をより多く発信することで、やりたいと思う人の数は増えてくるはず。

私自身、引き続き楽しみながら、より良いPTA活動に変えていくため頑張っていきます。

港区パパ寺子屋 パパが地域デビューをするためには? イキメンのススメ

パパが地域活動を楽しむと、子どもたちも、ママもハッピー

2017年3月17日の金曜日 港区のパパ寺子屋の1講座「イキメンのススメ」の講師をしてきました。
テーマが小さい子供の育児より発展形なので、参加したパパは少なかったものの、参加者全員が懇親会まで来てくれて、地域活動すごく楽しそうなので、やっていきたいとの言葉を全員からもらえたので、それが何よりもよかったです。
kouza

どんな内容を話したかっていうと、私自身がこれまで活動してきている話をそのまま伝えました。
地域活動は、とにかく楽しい!!

今回、講座をするに当たり、私自身、どんな地域活動をしてきたのかなと整理したら、思っていたより色々なことをやっていることに気づきました。

ざっと、こんな感じです。

2012年~ 娘が通う保育園の運動会・餅つき手伝い
       保育園の職員の方々の運動会の打ち上げに参加

2014年~ 保育園のパパ会を継続的に開催しイベント企画

2014年~2016年
      葛飾区男女平等推進審議会区民委員 父子手帳の提案を採用

2015年 第1回 子ども子育てフェスタかつしかに参加
      小学校の図書ボランティア・PTA学年委員
      子ども会に参加、自治会青年部に参加 

2016年 第2回 子ども子育てフェスタの実行委員長
      かつしかパパ育児コミュニティ「かつパパ」代表
      小学校おやじの会に参加、PTAソフトボールに参加

2017年4月~ かつしか子ども子育て会議区民委員
         かつしか父子手帳作成委員 
         小学校PTA本部副会長 

これだけやってきましたが、忙しいとか、大変とか思うよりも、楽しいとしか思ったことないんですよね~
なぜかっていうと、やりたくてやっているから。

地域活動って、義務感でやっても、つまらないと思います。
どうせやるなら、積極的に参加していくこと。
言いたいことは、しっかりと伝えていくこと。

地域活動だけではなく、育児も、仕事も、義務感だけでやっていると、つまらないし、何も生まない。
すべてが、外部からのストレスになってしまい、いいことありません。

どうせ、ストレスを感じるなら、外部からもたらされるのではなく、自身で内部ストレスを作りだし、自身の元気の原動力にしていくほうが心身ともに健康でいられるし、得るものは計り知れないくらい大きいですよ。

今、住んでいる街は、親にとってはなんとなく住んでいる街かもしれない。
ただ、子どもにとっては、生まれた街、今まさに育っている街であり、子どもにとっては、故郷になります。
その故郷の街、地域を、より安全で、より楽しい場所にしていくのは、親の役割の一つでもあります。

子どもが小さいときは、地域の人たちにも、受け入れてもらいやすいのも確かです。

子どもたちにとってのふるさとを、より良い街、より楽しい、より安全な街、地域にしていけるかどうかは、親の行動にかかっているわけです。
義務感からではなく、子どもという最高の地域へのパスポートを生かして、パパも、もちろんママも、地域活動を積極的に楽しんでいけたら、今まで以上に楽しく、幸せな人生に近づくことは間違いありません。

親となった以上、地域活動を、積極的に楽しんでいきましょう。

パパ、父親が地域活動するということ 私を突き動かすもの

父親の私が、地域活動をするようになったキッカケ

お姉ちゃんが小学校に入学してから、ここ2年くらい、PTAに限らず、自分の住んでいる地域での活動をするようになった。
我が子の子育てをキッカケに、地域の方々と交流を持ち、それを楽しんでいるパパの一人です。

なぜ地域の活動範囲が広がったか考えてみると、やはり、我が子たちなんだよな~と思う。
そして、私を突き動かしているものは、我が子たちと自分の家族がかかわる環境を少しでも良くしたいという思いです。

娘たちと妻、私を含めた家族を、毎日楽しく幸せに暮らし生きていこうと覚悟を決めたとき、その時に私が勤めてた会社で、その想いを実現できるよう働き方の改善にチャレンジしましたが、あらゆる面で無理でした。
自分の家族を幸せに出来ない仕事、自分の想いを実現できない仕事を一生続けていいのか?
そんな疑問が心の中にうず巻いているときに東日本大震災が起き、覚悟が決まりました。

自分の家族は、自分で守りたい!

数か月後、仕事を辞め、自分一人で稼ぐスタイルを模索し、実現しました。

娘たちの成長とともに、広がっていく世界に、父親の視界も一緒に広がっていった

娘たちが成長するにつれ、娘たちが保育園のお友達の話ばかりするようになったので、じゃあ、お友達も一緒に楽しみたいから、パパママたちとも積極的に交流を持つようになり、みんなで楽しい事をしようと休日に集まるようになりました。
それが、お姉ちゃんが保育園を卒園した今も、交流が続き、パパ同士集まっては飲みに行ったり、遊んだり、みんなで集まって遊ぶ企画をしています。

お姉ちゃんが小学校に入ってからは、まずはPTA委員活動がどんなものなのか始めて、他の委員のママたちと一緒に、出来るだけ楽しく活動できるよう積極的に関わっていきました。
その結果、一緒にPTA委員をやったママたちは、1年間、すごく楽しくPTA活動できたと言って、打ち上げをやったり、また、このメンバーで集まって飲みに行こうなんて話もしています。

丸1年間、娘の通う小学校の様子をみていたら、おやじの会が裏方ばかりで活動自体があまり楽しそうじゃないとメンバーの一人に言ったら、じゃあ一緒に楽しくしていきましょうよということで入り、積極的に関わり提案し、おやじの会主催行事をやることになりました。

図書ボランティアも、私自身が本が大好きなので入り、読み聞かせを通して、子どもたちと楽しい時間を過ごせています。
PTAのソフトボールチームのも入り、大会ではホームランも打ち、10年ぶりの決勝トーナメント進出にも貢献しました。
葛飾区の政策決定の一つ、男女平等審議会にも区民参加し、提案したことがいくつか実現する流れになっています。

義務だと思ってやっていることは1つもありません。
むしろ、楽しいので、時間の許す限り何でもやっていきたいと思っています。

もちろん、育児だって、家事だって、すでに日常と化しているので、自然に頭も体も動くし、毎日が楽しい。

地域活動は、子どもたちや、家族を幸せにするために楽しむもの

すべての始まりは、娘たちであり家族でした。

自分の家族を幸せにしたい、娘の通う学校を少しでも良くしたい、家族の住む街を少しでも良くするために協力したい、そんな想いを、今の自分ができる範囲でやっているのが、今の自分です。

娘の成長、家族の状況しだいで、これから、やりたいことが広がっていくのではと思っています。

家族を幸せにしたいという思いは、誰もが持っていると思います。
ただ、自分たちの家族だけが幸せになるということは、現実にはできません。
周りのみんなが、不幸だったら、自分たちだけ孤立しているのと同じです。

自分たちの家族が幸せになるために、自分の周りの環境も少しでも良いことが条件でもあります。
そのために出来ることをしていく、それが、子どもたちの通う学校や、保育園、住んでいる地域を良くしていこうという活動に積極的に参加して、自分の思っていることを積極的に提案していくこと、それが今すぐ、出来ることでもあります。

出来ることもやらないで、文句言っているばかりの姿を、我が子たちに見せ続けているのは、どうでしょう?
勉強できる出来ない以前の問題で、そういう姿は、子どもたちにどう映って、何を学ばせるのか?

子どもたちは、親の行動を、事細かに観察しています。
時には、親本人よりも、親の行動を細かく知っています。
だからこそ、親自身が、さぼっている姿を見せ続けることは、最悪な家庭教育でもあります。

勉強だけできても、将来は明るくありません。
それよりも、色々な人たちと交流を持てて、色々な人たちに信頼される人間に育つ方が、将来は明るくなります。

そういう姿を、親が積極的に子どもたちに見せていくこと。
それが、地域活動のもう一つの意味だと思っています。