松戸市のパパ講座で講師をしてきました

赤ちゃんのために知っておきたいパパの心得 パパだからできること

2017年10月22日の日曜日、松戸市民会館でパパ講座の講師をしてきました。
台風が迫る雨の中、赤ちゃんを抱っこしたパパ、ご夫婦で参加される方、多くの方が来てくれました。
松戸パパ講座
パパが伝える絵本の楽しみ方、イキメンのススメ。
という講座内容にもかかわらず、絵本を読まなかったという、ちょっと変わった講座です。

それにしても、第一回は、御茶ノ水女子大学の石井教授で、第二回が私という非常に恐縮な感じ。
それでも、第一回同様に、集まってくれた方々に、本当に感謝。

パパ講座
講座では出来る限り、参加者さん同士で話ができるようワークを多数入れ、仲良くなってもらうことを意識しました。
パパ同士色々と話してもらって、和やかな雰囲気で講座を進めることができました。

講座の後、ランチをしながらの懇親会でも、参加者さんとも色々な話をして、私にとっても楽しい時間になりました。

後日、アンケート結果をいただきましたが、それも嬉しかったな~

参加したパパさんたちから、こんなコメントをいただきました。

・絵本と父親、母親の関わり、相違点が研究データで示してくれて分かり易かった。(30代男性)
・子どもにとってのふる里は良い環境を作る、という視点は自分として新鮮で、地域活動を通してできることをしてみようとという気持ちになりました。楽しい講座をありがとうございました。(30代男性)
・やはり自分から関わろうとすることが一番大事だと思います。(30代男性)
・地域活動について考える切っ掛けとなりました。(30代男性)
・先生は楽しそうです。考えが素敵です。(40代男性)
・今、動かないと先の事に繋がらないということ。子どもにとっては、今、松戸がふる里になること。(30代男性)

ママさんからも嬉しい言葉をいただきました。

・第一回目の時もそうですが、先生がパワフルで力を貰った感じがします。先生の絵本の読み聞かせの様子も時間があれば聴きたかったです。(40代女性)
・夫婦2人の会話を増やしたいと思いました。(30代女性)

そして、全3回の講座が終わり、参加したパパ達で一緒に活動していく団体を作ろうという話になったということで、嬉しいことばかり。
講師を引き受けてよかったと思うとともに、これからが、さらに楽しみになりました^^